2017年4月27日木曜日

7年目



先日、マタニティの撮影のために来社してくれたお二人がいました。
9年前に結婚式を撮影させていただいたお二人が僕の名前を検索してユニゾンにたどり着いてくれたとのこと。
それがとてもありがたく、うれしい再会でした。
写真が苦手なお二人なので、最初はなかなか表情が硬い感じで、話しかけながら撮ったり、無言で撮ったりとか、連続して撮ってると疲れちゃうのでブレイクのためにライティング組み替えたりしながらお二人がリラックスする瞬間を探りました。
その中でワンカット、すごく気に入った写真が撮れました。
しぜんに微笑んでくれたお二人の表情がすごくよくて、このカットすごく気に入ってます。
この瞬間はお二人の表情だけに集中してて、撮れた写真はマタニティな雰囲気は全くないのですが・・・ 

その日、4/22にユニゾンは設立6周年を迎えました。
そんな日に9年前!のお客様が訪ねてきてくれたこと、撮影させていただいたことはとても嬉しいことでした。


今はだれでも写真を撮れる時代です。
カメラは特別なものではなくなったし、カメラがなくても携帯で撮影できます。
携帯に押され、カメラの価値すら下がったのかもしれません。
それに伴って写真そのものの価値とか重みも軽くなったような、なってないような・・・
そんな時代に写真を生業とする人間として、思うところはたくさんありますが、理屈っぽくなるので、今回はやめときます。
7年目が始まって、引き続きどたばたしてますが、いろんなことに慣れちゃわないようにやっていこうと考えています。
これからもよろしくお願いします。

2017年4月12日水曜日

これはデジタルが悪いとかフィルムが良かったって話ではありません

 

中古カメラ見てると、昔のものの形っていいなと思います。
このウィンドウの中に欲しいものがあるわけではないけど、ものとしての魅力は確かにあるなと感じます。

そこにはこのカメラたちが活躍した時代への思いものっかっちゃてるのかもしれませんが・・・

 

デジタルの時代になって、カメラそのものに愛情を注ぐって感覚はだいぶ薄くなったなと思います。
そして、写真一枚の重みもどこか軽くなったような・・・
 

本当は違うんだけど、写真を撮ることがあまりにも気軽すぎて1回シャッターを押すことの気合みたいなのは薄れてしまったんだなと感じることが多くなりました。
あとでなんでもできちゃうし、できるからいいでしょって感覚が仕事で撮っているプロにすらある人が多い。

だから発注する側も当然そういう感覚でこちらに接してくる。
でも、やりすぎちゃって絵みたいになっちゃってる写真を見るとなんかなーと思うんです。

広告だったら必然とか必要とかあるんだろうけど、そうじゃないとこに施される修正ってのは、まあひどいものになってるものがたくさんあると感じます。
 

写真て撮る瞬間にほぼやることは終わってると思うし、常にそういう気持ちで撮る人でありたいなと思います。
撮るからにはずっと。


Akama's Instagram

2017年3月15日水曜日

いい写真て???


いい写真て???
結婚式の写真において階段てキーワードは撮影スポットを意味することが多い。
なので、持ち込みで入った会場などでこちらに気を遣った感じで、もしくは自信満々な感じで会場関係者に「階段!」に案内されることも非常に多いです。
確かに階段にはドレスを撮影するためのメリットがいくつかあります。
ドレスを身長以上に伸ばして整えることができたり、その構造から遠近感を強調することでドレスをよりダイナミックに見せることができたり、などなど。
でも、その階段の撮影条件を考えると微妙なポイント(階段)も世の中にはたくさんあります。階段じゃない方がいい衣装もあります。
当然のことですが、いい光が入る階段はいい写真が撮りやすいし、大きい階段は写真が撮りやすいけど、その逆もたくさんあります。
階段!てだけでむりやり記念写真のようなものを撮るよりはその環境に適したカットを撮ることの方が良いのではと常々考えています。
でもなかなかそれを理解してもらうことが難しいという一面もあります。
一生に一度の結婚式では、誰かが撮ったものを自分も欲しいというところから脱するのはとっても勇気がいることなのかもしれません。
写真てぱっと見は、その絵柄しか目に入らないもんです。それはカメラマンですらそうであることが多いのだと思います。
でも、よく見たら全然いい光が当たってないとか、階段がある場所が微妙すぎて構図にとっても無理があったりとか・・・
いい写真てなんだっ?と毎日のように考えるけど、、、
そのために技術とか知識、判断力が必要なのですが、それだけじゃ足りない。いいものが残せたとしても一番大切なお客さんが喜んでくれるか?というところには辿り着けない。
いい写真とお客さんの希望が合致するには、いっぱい伝えるべきことがあるんだよなと思います。
意味とか意図が伝わった時にもっと感動したり喜んでもらえたりするのだと思います。

自分だけのものを残すってことが本当に大切なんだと仕事の中でお伝えすること、それでお二人が幸せな気持ちになってくれたらいいなと思います。

2016年3月20日日曜日

unisonのホームページが新しくなりました!!!


ユニゾンのホームページが新しくなりました!
今まで以上に写真がたくさんの写真がご覧いただけるような構造になっています。
新しい取り組みとして、ギャラリー内の気に入った写真、好きな写真のハートマークをクリックしてから「お気に入り写真」をクリックすると誰の写真が好きか数字で見ることができます。これが決定的とは言えないと思いますが、直感的にカメラマンを選ぶための一つの指標になるかなと考えています。最初の方だけしかご覧いただかずに集計してしまうと一人の写真に偏ってしまう可能性が高いので、いくつかのページにまたがって写真をご覧いただけると良いかなと思います。
各カメラマンのページでは、1daystoryという形で一つの結婚式で撮影した写真をまとめてご覧いただくことも可能です。まだまだ初期段階でご覧いただける写真の数にも限りがありますが、これからどんどんアップしていく予定です。
どうやってカメラマンを指名したらよいかわからないというお声をいただくことが多かったのですが、この仕組みでちょっとだけでもお手伝いできたらなと考えています。
ギャラリー上部に表示されているキーワードで写真をソートすることも可能ですので、ブーケだけのイメージをまとめて見たり、会場で絞り込んで見たりといった使い方も可能です。
僕らの思いがたくさんつまったサイトです!
みなさんに楽しんでいただければ幸いです!!!

2016年3月19日土曜日

ユニゾンのホームページがもうすぐ新しくなります!


ユニゾンのホームページがもうすぐ新しくなります!
今までのデザインは踏襲しつつも構造とかしくみが全く変わります。
詳しくはまたアップが終了しましたらお知らせします。
写真がたくさん見れるだけでなく面白い仕組みも用意してますので、お楽しみに!!!

2015年9月25日金曜日

マタニティ撮影


結婚式がご縁でマタニティ撮影をさせていただきました。
ロケでちょこっと撮影。


ガーランドやブーケもご用意されてました。


赤ちゃんの靴。
かわいい!
元気なお子さんが生まれますように!


弊社スタジオに移動して撮影。
ブーケもスタジオ内の装花も結婚式でもお二人のお花を準備したTSUBAKIさんが担当!


グリーンがあると写真の印象もガラッと変わります。


結婚式当日の撮影も楽しいのですが、こうやってご縁が続いていくことが嬉しいし、やりがいを感じます。
黒沢監督とTSUBAKIの山下さん。
監督HP:http://yukokurosawa.com/index.html
TSUBAKI:http://www.tsubaki-tokyo.jp/
撮影:赤間

2015年3月21日土曜日

天城へ


先日撮影させていただいたお二人。
ご自宅でお支度→渋谷の街でロケ撮→渋谷の金王八幡宮で結婚式→天城に移動して落合楼村上という旅館で披露宴と丸一日の撮影。
上は、渋谷センター街で王道な感じに撮影。


面白カットも撮って、式へ。


渋谷の金王八幡宮で!式後は、天城へ移動です。


この日、撮影者として一番苦労したのがこのカットです。
お二人にとっても意味のあるロケーションだったので、今回の撮影の中でも重要なカットだったなと感じています。
結 婚式の準備を進める中でお二人が落合楼という旅館を選んだ理由はいくつかありましたが、この旅館の立地がふたつの川の合流部に位置することがお二人が新婚 生活を送るハルツーム(白ナイルと青ナイルが交わるところ)をイメージさせること。また、違った国で育った二人や家族の交わりもイメージさせることだった とのこと。
撮影するころにはすっかり暗くなっていて、かなり条件が厳しかったのですが、ご新婦の橋に行きたいという強いご希望もあり、チャレンジしました。
どんどん暗くなっていくので、感度もかなり上げてましたが、それでも間に合わずこのカットは、ストロボ使ってます。
カメラ側から光を当ててしまうと「事件!」みたいな写真になっちゃうので、川の上流部側から当ててます。
ストロボを置く場所がなかったので、ヴァンデ・クリエーションの大熊さんに二人を狙って持ってもらって撮影しました。
大熊さんありがと!
しかし、こんな写真、フィルムの頃じゃ撮れなかったですね。技術の進歩はすごいです。



トップの吊り橋撮影のあとに旅館にもどるところ。
これだけ見たら夜逃げです。
お二人は楽しんでましたが、ほとんど足元も見えなかったので、ちょっと心配でした。


無事に落合楼エントランスに戻り、かっちりショット。


ファーストバイト!



天城連邦太鼓にご新郎も参加!


国際色豊かなゲストに見守られて素敵な披露宴でした!
プロデュースはCHIKYOU GROUPの葉山さん。1日で上記日程を回ったチームワークがすごかったです!


撮影:赤間